銀行で扱うローンについて

銀行ローンとは、都市銀行や地方銀行、そして信用金庫、信用組合など、民間の特定金融機関が個人や会社に資金を融資すること言います。

 

銀行ローンは、何か大きな買い物をする時やまとまったお金が必要になった時に利用するものです。銀行によって様々なプランが用意されており、その種類はとても豊富なものとなっています。

 

良く知られている個人向けの銀行ローンと言えば、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、目的別によって利用するローンがありますが、銀行や信用金庫によっては結婚費用ローンやトラベルローン、メモリアルローンなど多種多彩なローンを用意しているところもあります。

 

これらの用途別の銀行ローンとは別に、用途や目的が限定されていないフリーローンというものもあります。

 

銀行ローンの特徴としては、金利が低いことが挙げられますが、銀行の預金口座を長期に渡って利用している場合など、金利が優遇されてさらに低い金利で融資を受けることができる場合もあります。

 

また、ローン審査の際にも有利となることもあり、審査基準の緩和が見込まれる銀行もあるようです。しかし、銀行カードローンの場合は、ある条件を満たさない限り審査が厳しい場合があります。

 

それは、銀行ローンの対象となる人が、継続的に安定した収入の見込まれる会社員や公務員となる場合が多いことです。その基準はそれぞれの銀行によって定められているものですが、どうしても自営業や正規雇用で無い場合は、審査に通ることは難しくなります。

 

この他にも勤続年数や年収、勤務先の属性においても、他の消費者金融や信販系の会社と比べると審査基準が厳しい場合が多いようです。

 

これから銀行ローンを利用したいとお思いの方は、各銀行や金融機関のローン相談窓口で、あらかじめ融資の基準や審査の基準を確認した上で、各種ローンを申し込まれることをお勧めします。

 

また、銀行によっては、自分のライフプランに合ったローンを提供してくれるところもありますので、事前のリサーチをしっかり行うこともお勧めします

更新履歴