銀行ローンの基礎知識記事一覧

ローンを利用する場合の重要なポイントとして、「目的」があります。この目的によって、銀行ローンの商品の比較を行います。住宅ローンなどの何十年もの長期に渡って返済していくものの場合、銀行に用意されている住宅ローンを利用せずに、手軽だというだけで、その他のローンを利用すると金利や返済額に大きな差が出ることになります。逆に急に資金が必要となった場合など、その額がさほど大きなものでないにも関わらず、審査期間...

銀行ローンは使途目的によってそれぞれ融資限度額や申込み審査の基準の設定が異なります。ここでは、一般的に良く使用されるフリーローンとカードローンについて比較してみたいと思います。銀行ローンの商品であるフリーローンは、大手都市銀行である三菱東京UFJや三井住友銀行、りそな銀行などの場合、300万円が上限限度額として設定されています。最近注目を集めているインターネット上の銀行でもフリーローンを扱っている...

ローンを選ぶ際に重要なのは、銀行や銀行系で用意されている様々なローン商品の特徴を理解した上で選ぶということです。まず、住宅ローンですが、住宅ローンは借入額が多額となることもあって、他のローン商品と比べると返済期間が長期に渡ることが特徴と言えます。返済期間の長期化は金利が大きくなることも意味します。このためできるだけ金利の低いローンを選ばなければなりません。しかし、それ以外の部分にも目を向けることは...

ローンを申込む前に準備しておかなければならないものがあります。それは、本人確認のために必要な書類です。運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、他に住民票や印鑑証明書、外国人登力原票記載事項証明書などが必要になる場合があります。これらの証明書の有効期限が切れていたり、現在の住所と違うものであったりした場合、使用できませんので、必ず一番新しいものを用意するようにしましょう。また、申込み金額や使途...

ローンを組む際に一番気になるのが金利だと思います。ここでは銀行ローンと銀行系ローンの金利についてご紹介します。銀行ローンは金利を「固定」と「変動」に設定しています。金利は上限、下限共に銀行系ローンよりも低くなっていることが特徴と言えます。例として、大手都市銀行A社のフリーローンの場合、変動金利型で8.375%、固定金利型で9.625%となっており、B社の場合は、変動金利型が7.375%、固定金利型...

銀行ローンの他に銀行系ローンというものがあります。銀行系ローンとは、都市銀行や地方銀行を母体として運営するローン会社が個人に対して融資をすることを言います。銀行系ローンの最大の魅力として、消費者金融や信販系のローン会社と比べて低金利であることが挙げられます。また、普段から利用している銀行がその母体となっていることも、利用者にとっては安心と信頼感を得ることができます。銀行系ローン会社はテレビコマーシ...

銀行ローンは、資金の用途別ローンがメインの商品となっています。用途別には、住宅購入、自動車購入、教育資金など目的別によって様々なローン商品が用意されています。資金借り入れの目的が明確で、資金を必要とするまでにある程度の期間の猶予がある場合は、銀行ローンを検討されてみることをお勧めします。それは、銀行ローンを利用する方が消費者金融会社や銀行系ローン会社を利用するよりも低金利で融資を受けることができる...

現在、一番多くの人が利用しているローンと言えば、キャッシングローンという個人融資ではないでしょうか。銀行ローンの使途目的別に対応したローンとは異なり、その使途目的は生活資金、交際費、旅行など幅広いものに利用することができます。現在、銀行、銀行系、信販系、消費者金融などからキャッシングローンを利用している人は、就業人口の3人から4人に1人と言われています。近年、人気が高いのは、銀行系ローン会社のキャ...

社会人になり、ある程度の収入を得るようになると、自動車が欲しくなったり、旅行に行きたくなったりします。また、付き合いの幅も広がるので、突発的な出費が重なったりもするでしょう。そんな時、キャッシングローンをするのはどこの金融機関が良いかなど、お考えの方も多いのではないでしょうか。特にローンを初めて組まれる方は、不安なことも多いかと思います。まとまったお金が必要で、とにかく早く融資を受けたいとお考えの...

住宅ローンは、住宅購入を目的とすることだけに利用できるローンです。そのため、住宅ローンの用途には制限があります。それは、(1)自分が住むための住宅の購入、または建築の資金であること(2)自分が住むための住宅の増築、リフォーム資金であること(3)住宅ローンの借り換え資金であること、などが挙げられます。原則として自分が住むためのものとなっていますが、両親のための住宅や、セカンドハウスなどの場合でも利用...

カードローンとは、銀行をはじめとする金融機関が発行するカードを利用したローンのことを言います。カードローンは「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つに大別されます。銀行系でも、使途目的を限定していないフリーローンと、銀行系ローン会社のキャッシングローンがあります。個人を対象としたカードローンは、担保が必要の無い無担保型と担保を必要とする有担保型があります。どちらも使途目的は自由となっていますが、...

おまとめローンとは、複数の金融機関にローンがあり、返済額をまとめると大きな額になって負担を感じる場合、ローンの1本化を目的とした借り換えローンのことを言います。おまとめローンにはメリットとデメリットが存在します。メリットは3つあります。一つ目は、複数回存在していた支払日を1回にできることです。こうすることで管理の負担が軽減されます。二つ目は、返済計画が立てやすくなることです。カードローンの場合、利...

ローン商品にリフォームローンを設けている民間金融機関には、銀行とクレジット会社があります。リフォームローンの金利は、担保の有無によっても異なり、手続きの方法も各金融機関によって様々なものとなっています。このため自分のライフプランに合ったリフォームローンを見つけることが大切であると言えます。リフォームローンは、無担保型と有担保型があります。無担保型の場合は金利が約6%と割高になりますが、登記費用や手...

銀行系のマイカーローンは、口座が給与口座であったり、公共料金の自動振り替え口座であったりした場合、金利の優遇サービスを受けることができるものもあるようです。銀行のマイカーローンは、信販系のマイカーローンと比べて低金利のものが多いようです。しかし、その分審査基準が厳しく、手続きも少々複雑になり、時間もかかります。また必要書類も信販系のローン会社より多くなるもの特徴といえるでしょう。銀行系のマイカーロ...

フリーローンとは、使途目的が限られていないキャッシングローンのことを言います。一般的なローン商品には、住宅ローンやマイカーローンなど、それぞれ用途が決まっています。住宅ローンやマイカーローンの場合は、融資されたお金は申し込み人に渡るのではなく、直接販売店やメーカーに渡るものとなります。しかし、フリーローンの場合は、申し込みした人に直接現金融資されるもので、融資の際の審査に使途目的は含まれていません...

教育ローンとは、ほとんどが学生の扶養者が学費を支払うために利用されています。日本では、高校、専門学校、大学などの義務教育以外の教育機関や私立の小学校、中学校では、多額の費用が発生します。教育ローンはその費用を賄うために融資を受けることのできるローン商品で、銀行などの預金取り扱い金融機関や信販系のローン会社、損保会社、国民生活金融公庫などで融資を受けることができます。銀行や損保会社が設定する用途は「...

ビジネスローンとは、個人事業主や中小企業の経営者、これから起業しようとしている人を対象としたローンのことを言います。ビジネスローンは事業資金となるため、融資額が大きいことが特徴と言えます。ビジネスローンは「銀行系」と「ノンバンク系」に大別することができます。銀行系というの、都市、地方銀行や信用金庫、信託銀行などが挙げられます。ノンバンク系というのは、信販会社や消費者金融会社をはじめ、リース会社など...

消費者金融系のローン会社とは、銀行が行っているような預金の取り扱いはなく、融資のみを行うローン専門の会社です。銀行ローンは審査基準が厳しく、正規雇用で勤続2年以上でない場合は審査を通らないこともあります。しかし、消費者金融系ローンの場合は、20歳以上で正規雇用でない派遣やパート、アルバイトであっても安定した収入を得られている場合はローンを利用することが可能となります。これは大手銀行を母体とする銀行...

銀行系ローン会社が対象とする顧客は、消費者金融会社が対象とする顧客と比較すると、経済面においてややゆとりのある人が多いようです。このことは融資限度額においてもはっきりと見て取ることができます。消費者金融会社の初回限度額は50万円というものがほとんどですが、銀行系のローン会社の場合は100万円以上を融資限度額とするところもいくつかあります。これは消費者金融会社の初回で無担保ローンの限度額ではほとんど...

消費者金融系ローン会社を利用している人に多く見られるのが、何社も別のローン会社からお金を借りている状態であることです。これは消費者金融系ローン会社の場合、利用限度額が50万円以下のところが多いことがその理由と考えられます。それぞれのローン会社に毎月返済する額はそれほど多額なものでなかったとしても、合計するとひと月の支払額はかなり高額になってしまうケースもあります。そしてこの返済額のほとんどを占める...

三菱東京UFJ銀行は、インターネット上でローンの組み方のシミュレーションを行うことができます。固定金利か変動金利か、住宅ローンを借り換えた場合どのくらい得をすることができるのかなどを詳しくシミュレートすることができます。三菱東京UFJ銀行のローン商品には、住宅ローンや教育ローンはもちろんのこと、マイカーローンやリフォームローン、その他用途が多目的な各種ローンが取りそろえられています。カードローンの...

三井住友銀行の相談窓口は非常に充実していることが特徴と言えます。住宅ローンや年金、教育ローンなど生活の中のお金の使い方や借り入れなど様々な悩みや質問に対して、いろいろな方法で相談にのってくれます。マネーライフ・コンサルティングデスクという窓口では、日曜日や祭日、平日の夜間であっても相談会が設けられることがあり、各種セミナーやイベントも用意されています。また、なかなか窓口まで出向くことのできない人の...

ゆうちょ銀行は、貯金担保自動貸付というサービスを提供しています。これは、ゆうちょ銀行で管理している定期貯金や定額貯金を担保としてローンを組むことができるというものです。貸付金額の上限は貯金金額の90%ほどとなり、通帳一冊につき300万円を上限としています。ローンの金利は、担保によって異なり、定額貯金を担保とする場合は返済時の約定利率に0.25%足したものが金利となります。定期貯金を担保とする場合は...

りそな銀行は、平日17時まで営業、ATМの時間外手数料なし、という大きなメリットがあります。振込手数料もりそな銀行あてならすべて無料です。りそな銀行のお得なサービスはまだあります。ローンの返済のATМ手数料を返金してくれるサービスや、ローンの際の金利や手数料がポイントとして加算されるサービスも用意されています。また、ローンの相談窓口が土曜と日曜日にも開かれているので、平日遅くまで仕事している会社勤...

「JAバンク」は、JAバンク会員で構成されているグループの名称です。JAバンクは日本全国に店舗を持ち、民間最大級のネットワークを誇っています。JAバンクはJA農協が母体となっている銀行であるため、どうしても農業に従事している人が主体となって利用する金融機関というイメージがあるようです。しかし、JA農協は、農業を行っていない一般の人でも利用が可能な金融機関なのです。もちろんネットバンキングの利用もで...

セブン銀行のカードローンは、申し込みから審査の結果、そして借り入れまで30分ほどの時間しかかからず、大変便利なものとなっています。また、本人確認のための各種書類や証明書などの提出の必要もないのが大きな特徴と言えます。利用限度額は、10万円、30万円、50万円から選ぶことができ、借入利率は年15%(変動金利のため変わる場合があります)となります。金利は他の金融機関と比べると少し高めですが、セブン銀行...

楽天銀行は、イーバンク銀行という名前でしたが、最近楽天銀行に名前が改められました。楽天銀行は、その名が現すとおり、インターネット上の銀行です。このためネットオークションなどネット上の取引を行う際には手数料などが他の銀行と比べて安いため、とても便利な銀行と言えます。ローンの種類もいろいろあります。もちろん他の銀行と同様に住宅ローンなども用意されています。数あるローンの中でもスーパーローンという楽天銀...

銀行ローンの場合、審査基準が厳しいため、非正規雇用の方の利用は担保でもない限り難しいものとなります。現在、非正規雇用である契約・派遣社員やパート、アルバイトの就業形態を取る企業が年々増加する傾向にあります。そしてこの傾向は若年層を中心にまだまだ続くと予想されています。これに対して各金融機関でも以前よりは審査基準を緩和するなど、対策を講じてきたようですが、やはり正規雇用の会社員や公務員に比べると、利...

銀行をはじめとする各金融機関のローン商品は、「一定の収入のある人」が対象とされています。このため、何らかの理由により無職状態であるということは、金融機関で融資を受ける対象にはならないことになります。銀行の場合、申し込み書類の職業欄に無職と記入した場合は、不動産収入や年金収入があったとしても融資を受けることはかなり難しくなります。銀行系や消費者金融系の場合、まったく収入のない状態でローンの申込みをす...

多重債務とは、複数の金融機関、または金融業者から借り入れをしている状態のことを言います。返済のために違う業者から借り入れを重ねていくことで起こります。よく「雪だるま式」「自転車操業」と呼ばれるのがこれにあたります。多重債務であっても、各金融機関が設ける審査基準をクリアした場合は融資を受けることができます。しかし、キャッシングローンが5社以上ある場合は、一つ一つがさほど高額でなかったとしても多重債務...